教育学部 実践的な教育カリキュラム県下トップクラスの採用実績

学部長メッセージ

日本一の先生をめざして

 教育学部は、教育に関わる理論や方法、各教科の内容や指導法等を学ぶ学部です。これらを基礎にして教育実習をはじめ様々な実習に参加し、独り立ちできる教員や指導者として学生を送り出すことが学部の使命となっています。卒業生たちは三重県をはじめ多くの県で、次の社会を担っていく子どもたちを育てていく仕事に活躍しています。このような仕事に意義を見出し、誇りを感じるみなさんの入学を待っています。共に学び、成長していきましょう。

中村哲夫 教育学部長

中村 哲夫 教育学部長
昭和30年生まれ

【専門分野】
 体育学
【主要業績】
『体育・スポーツ史にみる戦前と戦後』(共著)
『幻の東京オリンピックとその時代』(共著)
『多様な身体への目覚めー身体訓練の歴史に学ぶー』(共著)など

教育学部 学びの特色

 いま教育課題は高度化、多様化、複雑化し、大学の教育研究は質的な向上と教育研究体制の整備充実が求められています。皇學館大学はこれに応えて、乳幼児の保育・教育から成人の生涯学習までを視野に入れた総合的な教育研究と各分野の指導者養成をめざして、これまで進めてきた文学部教育学科の教育研究を基礎に、教育研究体制を整備・充実して教育学部を立ち上げて6年になりました。教育学部では、日本文化を中心にした幅広い教養と、基礎的、総合的な教育理論を学修するとともに、卒業後の進路に応じた知識や技術を系統的に学修できるように4つのコースを設けています。学校教育コースでは児童教育について、幼児教育コースでは乳幼児の保育や教育について、特別支援教育コースでは障がいをもった子どもたちの教育・専門的な知識と実践的能力の育成をめざします。スポーツ健康科学コースでは、学校保健や体育指導の専門的な知識や実践的能力の育成をめざすとともに、学校現場や地域社会の健康教育に必要な専門的な能力の育成をめざします。