キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ  / キャンパスダイアリー
キャンパスダイアリー
学内1DAYインターンシップを開催
平成29年3月3日(金) / 校内風景

平成29217日(金)・24日(金)の両日、9001600 株式会社学情によるコーディネートのもと、学内1DAYインターンシップを開催しました。

これは、平成27年度に採択された三重県高等教育機関魅力向上支援補助金事業の「みえ出会いスイッチプログラム」の継続事業として実施。疑似体験を通して仕事への理解や働くイメージをもち、社会人としてのマナーやスキルを身に付けて就職活動に活かすことを目的としたものです。

217日【事務/企画編】に3年生65名、224日【営業編】に3年生43名の計108名が参加し、下記の内容を体験しました。

 

【内容】 

217日(金)【事務/企画編】

①テレアポ/名刺交換体験 ②見積書作成  ③トラブル対応 ④企画会議 ⑤企画プレゼンテーション

224日(金)【営業編】

①テレアポ/名刺交換体験 ②BtoC営業体験(商品シート作成・提案)  ③BtoB営業体験(提案シート作成・提案) 

 

【学生の感想】

(事務/企画編) 

・事務と言っても様々な仕事、役割があると解りました。今回の内容は社会に出て必要不可欠なことばかりで、今に段階で経験することが出来て良かった。

・事務という地味なイメージを一新することになった。表に立つことも裏に徹することもしなければならない仕事に大変さを感じたが、魅力も一層感じられました。

・自分の向き不向きをただイメージだけで決めつけていましたが、やってみて難しさや遣り甲斐を感じるかどうかが本当に大切であると感じました。参加してよかったです。

・すごくためになった1日でした。事務から繋がる様々な世界を見ることが出来ました。

 

(営業編) 

・事務編と比較してかなりアクティブに(関わる人も増えて)活動出来て、楽しく、刺激を受けることができた。

・お客様のニーズを聞き出す難しさを体感したが、同時に買って頂いた時の喜びも感じることが出来た。色々なロープレが出来て良かった。

・私は無口で口下手なので営業に自信はなかったのですが、そんな私でも営業に向いていないことはない!と言うことを学べました。もっと視野を広げたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



伊勢市内企業見学会を開催しました
平成29年2月27日(月) / ニュース

平成29223日(木)伊勢市産業支援センターとの共催で「伊勢市内企業見学会」を実施し、本学3年生24名が参加しました。

この見学会は、将来、地域産業振興を担うであろう学生が地元企業を訪問し職場を見学させていただくことで、企業と若者の就職マッチングに繋げようという試みで企画されたものです。さらに、平成27年度三重県魅力向上支援補助金事業を継続して実施したものです。

今回は、株式会社林イマニティ、株式会社マスヤグループ本社、株式会社三水フーズの3社を訪問させていただきました。

株式会社林イマニティ、株式会社マスヤグループ本社では、本学卒業生の若手社員の方より業務内容や仕事のやりがい、学生に向けての言葉など話を聞くことができました。普段見ることができない社屋・工場内を見学させていただき、貴重な体験ができたことで、これから始まる就活に向け意欲を高めることができました。

 

<参加した学生の感想>

・企業内を見学できたことや、具体的な話を聞くことができて参考になった

・OBの方から就活の大変さ、仕事のやりがいなどたくさんのアドバイスを頂いてとても為になった

・それぞれの企業の雰囲気、重視していること、どういう人材を求めているのか知ることができた。

・ネットで見る情報と直接聞くお話しとでは印象が異なり、細かい点も知ることが出来て良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 



第2回図書館ライブラリーコンサート
平成29年2月20日(月) / 校内風景

2月17日(金)「第2回図書館ライブラリーコンサート」が図書館1Fロビーにて開催されました。

今回は国史学科4年 辻博仁さんのリサイタルを行いました。

 

辻くんは北海道小樽出身。高校1年のとき、北海道で行われた「NHKのど自慢」で合格の鐘をならしました。3年生の時は「北海道中国語カラオケ大会」で優勝し、中国北京で開催された「全日本青少年中国語カラオケ大会」で見事3位に輝く実力者でもあります。大学生活では倉陵祭などで歌声を披露してきましたが、今回が卒業前の最後のリサイタルとなります。

 

図書館1Fロビーには学生をはじめ、職員もかけつけ辻くんの歌声に聞き入っていました。

図書館坂本事務長の挨拶に始まり、「函館の女」を見事な声量で歌い上げ、「兄弟船」「月がとっても青いから」「津軽恋女」と続き、「高校三年生」で学生生活最後のリサイタルを締めくくりました。

会場からは手拍子もおこり、図書館は辻くんの歌声に包まれました。

 

今後は東京の大学院に進み、さらに勉学に励みつつ、演歌も歌い続けていくと力強く語っていました。これからの活躍に期待しています。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



広島県・三重県知事と県内若者によるトークセッションを実施
平成29年1月12日(木) / ニュース

  平成29年1月10日、広島県湯﨑知事、三重県鈴木知事と未来を担う若者による「平和について考えるトークセッション」が本学9号館大会議室で行われました。本学国史学科田浦教授がトークセッションのコーディネーターを務め、本学教育学科水野さん、四日市高校峯下さん、小俣中学校津梅さんが若者代表として登壇しました。

  当日は約140名のご来場があり、若者代表の3名は初めは緊張した様子でしたが、両知事との会話を進める中で緊張が解けて行った様子で、和やかな雰囲気の中トークセッションが進められました。
 両知事からの三重県、広島県の取り組み紹介の後、若者達は沖縄、カンボジア、広島をそれぞれ訪問した経験から平和への想い、その想いを発信する方法、平和な未来のためにできる行動について意見を発表しました。発表を受けて、鈴木知事よりその経験を話した時の周りの友人の反応はどうか、など若者への質問があり、逆に若者から湯﨑知事へ、外国人と日本人で平和に対して認識に違いはあると思うか、広島県でぜひ訪れてほしい場所は?などそれぞれの視点から質問が出ていました。
  両知事はセッション前に本学佐川記念神道博物館にもご来館頂きました。

 



ページトップへ