キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ  / キャンパスダイアリー
キャンパスダイアリー
伊勢市内企業見学会を開催しました
平成29年2月27日(月) / ニュース

平成29223日(木)伊勢市産業支援センターとの共催で「伊勢市内企業見学会」を実施し、本学3年生24名が参加しました。

この見学会は、将来、地域産業振興を担うであろう学生が地元企業を訪問し職場を見学させていただくことで、企業と若者の就職マッチングに繋げようという試みで企画されたものです。さらに、平成27年度三重県魅力向上支援補助金事業を継続して実施したものです。

今回は、株式会社林イマニティ、株式会社マスヤグループ本社、株式会社三水フーズの3社を訪問させていただきました。

株式会社林イマニティ、株式会社マスヤグループ本社では、本学卒業生の若手社員の方より業務内容や仕事のやりがい、学生に向けての言葉など話を聞くことができました。普段見ることができない社屋・工場内を見学させていただき、貴重な体験ができたことで、これから始まる就活に向け意欲を高めることができました。

 

<参加した学生の感想>

・企業内を見学できたことや、具体的な話を聞くことができて参考になった

・OBの方から就活の大変さ、仕事のやりがいなどたくさんのアドバイスを頂いてとても為になった

・それぞれの企業の雰囲気、重視していること、どういう人材を求めているのか知ることができた。

・ネットで見る情報と直接聞くお話しとでは印象が異なり、細かい点も知ることが出来て良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 



第2回図書館ライブラリーコンサート
平成29年2月20日(月) / 校内風景

2月17日(金)「第2回図書館ライブラリーコンサート」が図書館1Fロビーにて開催されました。

今回は国史学科4年 辻博仁さんのリサイタルを行いました。

 

辻くんは北海道小樽出身。高校1年のとき、北海道で行われた「NHKのど自慢」で合格の鐘をならしました。3年生の時は「北海道中国語カラオケ大会」で優勝し、中国北京で開催された「全日本青少年中国語カラオケ大会」で見事3位に輝く実力者でもあります。大学生活では倉陵祭などで歌声を披露してきましたが、今回が卒業前の最後のリサイタルとなります。

 

図書館1Fロビーには学生をはじめ、職員もかけつけ辻くんの歌声に聞き入っていました。

図書館坂本事務長の挨拶に始まり、「函館の女」を見事な声量で歌い上げ、「兄弟船」「月がとっても青いから」「津軽恋女」と続き、「高校三年生」で学生生活最後のリサイタルを締めくくりました。

会場からは手拍子もおこり、図書館は辻くんの歌声に包まれました。

 

今後は東京の大学院に進み、さらに勉学に励みつつ、演歌も歌い続けていくと力強く語っていました。これからの活躍に期待しています。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



広島県・三重県知事と県内若者によるトークセッションを実施
平成29年1月12日(木) / ニュース

  平成29年1月10日、広島県湯﨑知事、三重県鈴木知事と未来を担う若者による「平和について考えるトークセッション」が本学9号館大会議室で行われました。本学国史学科田浦教授がトークセッションのコーディネーターを務め、本学教育学科水野さん、四日市高校峯下さん、小俣中学校津梅さんが若者代表として登壇しました。

  当日は約140名のご来場があり、若者代表の3名は初めは緊張した様子でしたが、両知事との会話を進める中で緊張が解けて行った様子で、和やかな雰囲気の中トークセッションが進められました。
 両知事からの三重県、広島県の取り組み紹介の後、若者達は沖縄、カンボジア、広島をそれぞれ訪問した経験から平和への想い、その想いを発信する方法、平和な未来のためにできる行動について意見を発表しました。発表を受けて、鈴木知事よりその経験を話した時の周りの友人の反応はどうか、など若者への質問があり、逆に若者から湯﨑知事へ、外国人と日本人で平和に対して認識に違いはあると思うか、広島県でぜひ訪れてほしい場所は?などそれぞれの視点から質問が出ていました。
  両知事はセッション前に本学佐川記念神道博物館にもご来館頂きました。

 



東海農政局「農業に関する説明会」を開催
平成28年12月22日(木) / 校内風景

平成281221日(水)13001430 「農業に関する説明会」を開催しました。

10名の学生が参加し、就農についての興味あるお話しを伺いました。

まず、伊勢市でいちご農家として活躍されてみえる倉野佳典氏から、どうやって農業にチャレンジされたかなど、これまでの経緯や農業の魅力を自らの体験談から話していただきました。

その後、農林水産省東海農政局 経営・事業支援部経営支援課 課長補佐 伊東誉維氏より、下記の内容の説明をしていただきました。

・農業をめぐる状況について(世界の状況)

・農業をめぐる状況について(我が国の状況)

・農業の現状

・就農への道

・農業女子プロジェクトについて

・地域で活躍している農業者たち

参加者は皆熱心に聞き入り、質疑応答では積極的に挙手し質問をしていました。

 

<参加者の感想>

・農業に興味があるので、貴重な話が聞けてよかったです。今後にしっかり活かしていきたいと思います。

・最初から農業一本でやってこられた方でなく、会社員からの転身という点もとても貴重な話だったと思います。

・やりたいことでお金を稼ぐことの大変さとやりがいを教えてもらいました。

・農業現場の話を聞けたことで、農業に興味を持ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページトップへ