キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ  / キャンパスダイアリー / 年代:2007
キャンパスダイアリー
【12月25日】文学部卒業論文(研究)の受付開始
平成19年12月25日(火) / ニュース
       

 

本日より、文学部卒業論文(研究)の受付が始まりました。卒業論文(研究)は、卒業必修科目であり、3年次の題目提出に始まり、指導教員との相談のもと、自分の研究テーマに添って、4年間の集大成を形とするものです。
また、提出後は論文の審査及び口頭試問によって、合否が判定されます。



【12月20日】社会福祉学部「学生ふるさとフェスタ」開催
平成19年12月20日(木) / 催し物
       
      

 

経線名張学舎大学会館にて、「学生ふるさとフェスタ」が開催されました。これは学内を活性化するために企画された「学内プロジェクト」の一環で、これまで4回実施してきました。
この日は、学生のふるさとの歴史や伝統文化、自然等の展示や各地の名産紹介があり、交流ブースでは名産品を食べながら、学生たちが互いの交流を深めていました。また、名張市内の小学生と郷土料理を作る体験も行われていました。



【12月20日】記念館竣功祭
平成19年12月20日(木) / 催し物
       
      

 

12月20日に記念館の移築・改修工事の完成を祝う竣功祭が執り行われました。
記念館は、神宮皇學館の本館として大正8(1919)年に建設され、2度の移転・移築を経て、その後祭式教室として使用されてきました。昨年8月に文化庁登録有形文化財に登録されたことを機に老朽化対策と耐震補強として、再度移築の運びとなりました。記念館内には、新しく和室や日本間が設けられました。
竣功祭では、上杉千郷理事長より「日本文化の伝承と技術を伝えるための教室とし、市民の皆様にも広く利用していただきたい」との挨拶がありました。
記念館は今後、文学部で来年度より始まる「日本の心と技」の授業で、茶道や能楽に使用される予定です



【12月17日】12月の月例神宮参拝
平成19年12月17日(月) / 催し物
       

 

この冬一番の冷え込みとも思えるこの日、12月の月例神宮参拝を実施しました。内宮の神域へと渡る宇治橋には霜が降り、冷え込みの分一層空気は澄みきっていました。参加した学生と教職員は、1年の感謝と共に今年最後の参拝を終えました。



ページトップへ