学部・大学院・専攻科

トップページ / 学部・大学院・専攻科 / 文学部

文学部

文学部見出しコメント 文学部イメージ
異文化圏の人々と対等に付き合え、リーダーシップを発揮する能力を備えた人物は魅力的です。しかし、そのような力を身につけるためにはまず、自国の文化を理解し、異なる文化的背景を持った人々に発言できる能力を身につけなければなりません。開学以来、文学部が一貫して行ってきた日本の伝統と文化、その底流をなす日本人の精神の理解・探究は、新しい社会を生きるための基礎を築きます。
 学科・コース
文学部学科・コース

学部長メッセージ

多様な人間の営みである『文化』を学ぶ

 「文学部」は、多様な人間の営み、すなわち「文化」について学ぶ学部です。皇學館大学の文学部は、特に「日本の文化」を学ぶことを基本としている点に、その特徴があります。神道・国文・国史学科は、まさに古代から現代に至る日本の文化の核を学ぶ学科です。コミュニケーション学科は、現代に生きる私たちがお互いにどのようにつながり合うことができるかを学ぶ学科ですが、それも、日本に生きる私たちの営みとしてのコミュニケーションを学ぶわけですから、「日本の文化」を学ぶことを基本としていることに違いはありません。
 今、社会で最も求められているのは、自分の頭で物事を考え抜く力、そして考えたことを人々と共有してゆく力です。文学部における本格的な学問方法の訓練は、そうした力を養うのに最も適しています。そのような意味で、文学部における学びは、本質的に「実用的」なのです。また、神職、教職、図書館司書、博物館学芸員等の資格を取得するための課程教育も充実しています。いずれも実務に即した徹底的な訓練を通して、確かな知識・技能を身に付けるとともに、専門家としての態度・倫理観を養い、多くの優れた人材を輩出しています。
学部長写真
文学部長 深津 睦夫

学科一覧

ページトップへ