キャンパスライフ

トップページ / キャンパスライフ  / キャンパスダイアリー
キャンパスダイアリー
【9月29日】平成20年度学部改組記念 教育講演会を開催
平成19年9月29日(土) / 催し物
       

 

教育学部の新設等、来年度から始まる学部改組を記念した教育講演会を9月29日に四日市都ホテルにて開催しました。当日は、土橋伸好三重県知事代理出納長、森下隆生伊勢市長をはじめ、高校、中学、小学校、幼稚園、保育所等の教育関係者を中心に約200名のご出席を賜りました。
京都大学名誉教授・市村真一氏による「教育基本法の改正と教育者の姿勢」と題された講演会では、日本人が日本民族としての自覚や、歴史・伝統を受け継ぐという観念が欠けていた旧教育基本法の問題点が指摘されました。また、「人に教えることありて、初めて人の師たるべし」と吉田松陰の言葉が引用され、「親切」「敬虔な心」「品格」「学力」「温かい心情」等、教育者としての資質についても言及がなされました。



【9月23日】稲の整理
平成19年9月23日(日) / 地域行事
       
      

 

10月15日に行われる初穂曳に向けて、外宮へ奉納する稲穂(約300束)の整理を伊勢神宮奉仕会・地元奉曳団の方々と共に外宮工作所にて行われました。昔ながらの足押しの脱穀機をはじめ均等に分けた稲穂を縄で縛る等の作業をおこない、命の源である米のありがたさを改めて感じることが出来ました。



【8月26日】平成19年度「館友会全国大会」開催
平成19年8月26日(日) / 催し物
       

 

8月26日(日)に伊勢市内の神宮会館において、平成19年度館友全国大会が開催されました。3年ぶりの伊勢市での開催となりました。
当日は、本学文学部教授の外山秀一教授による「天皇陛下とのご懇談と長江文明」と題した講演のほか、「鳥羽九鬼水軍太鼓」サークルによる和太鼓演奏等のイベントが催され、大盛会のうちに終了しました。
次回平成20年度は、和歌山県で開催される予定です。



【8月23日】Arak SUNGHITAKUN タイ芸術局長が来訪
平成19年8月23日(木) / 来訪関係
       

 

タイ王国文化省のArak SUNGHITAKUN 芸術局長が来訪されました。同氏は、国際交流基金の招聘により、8月20日から26日までの日程で来日されていたところ、日本の文化財保存関係活動視察の一環として来所されたものです。
本学神道博物館を見学された後、伴学長と会談し、日タイ共同研究の今後の進め方等について、話し合われました。



ページトップへ