大学からのお知らせ

『日本書紀』を読む 神武天皇2-熊野上陸- 講師/大島 信生(文学部国文学科教授)

更新日:平成29年9月2日

『日本書紀』は、養老四年(720)に撰進された我が国最古の官撰正史で、平成三十二年(2020)には撰進千三百年を迎えます。『日本書紀』は全三十巻、神代から持統天皇の御代までを収録しています。今回は巻第三を読みます。
巻第三は神武天皇一代記で、即位前紀が大部分を占めます。日向を出発、瀬戸内海を進み、難波に到着。河内から大和に向かいますが、大和に入ることができず、紀伊半島を迂回して熊野から大和を目指します。その後、大和を平定、橿原宮で即位されます。本講座では、神武天皇の足跡をたどりながら、『日本書紀』を味読したいと思います。


fileその他ファイル
皇學館大学共催講座のご案内 お申込み・お問い合わせ

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP