大学からのお知らせ

第二次世界大戦への岐路ー三国同盟と松岡洋右ー 講師/田浦 雅徳(教授)

更新日:平成29年12月9日

【年間テーマ:日本史の岐路】

 

戦前期の昭和日本が、決定的に第二次世界大戦に入り込んでいくきっかけとなったのが、日独伊三国同盟です。この同盟の締結を強く推進し、外相就任後すぐさままとめあげたのが、国際連盟脱退の「英雄」松岡洋右です。松岡外交については現在も様々な立場から議論が行われ、評価は一定しません。そこで本講座では饒舌多弁な松岡の言説を追いながら、なぜ松岡は三国同盟・日ソ中立条約への道をたどったのかを、かれの世界観もふくめて明らかにしてみたいと思います。


fileその他ファイル
H29月例文化講座

  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP