神道学専攻科

目的

 神道学専攻科は、各方面の強い要望によって昭和56年に発足し、神宮皇學館大學の建学の精神を継承して、学部学科の基礎の上に精深な神道を教授し、その研究を指導することを目的とします。専攻科は、日本の歴史・伝統の核心である神道の、高度な専門的教育研究機関ですが、また将来神社界の指導的役割を果たす神職の養成をも目標としています。

修業年限

1年

入学定員

神道学専攻 20名

資格

専攻科を修了し、神職課程に関する所定の単位を修得したものには、神職階位(明階検定合格・正階)が授与されます。

授業科目

神道学専攻科
 専攻科の修了に要する単位は、次の授業科目の内、必修4単位、選択32単位(○印より16単位・△印より8単位以上必修を含め)、合計36単位以上を修得することが必要です。

授業科目 種別 必修 選択 備考
神道概論 講義 4    
祭祀学研究 講義   4
神道古典研究Ⅰ 演習   4
神道古典研究Ⅱ 演習   4
神道史研究 講義   4
神道神学研究 講義   4
祝詞研究Ⅰ 演習   4
祝詞研究Ⅱ 演習   4
神道教化研究 講義   4
宗教学研究 講義   4
宗教史研究 講義   4

(平成27年度参考)神道学専攻科 授業科目解説(抜枠)


神道学科主任 教授 加茂 正典(かも まさのり)

専攻◆

神道史・日本文化史

主な著書◆

『日本古代即位儀礼史の研究』(思文閣出版、平成11年2月)
『神道資料叢刊九 鈴木重胤紀行文集一・二・三』(皇學館大学神道研究所、共編著、平成15年3月/平成18年3月/平成21年3月)
『江戸時代の神宮と朝延』(伊勢神宮崇敬会、平成18年12月)
『小原家文庫資料目録』(皇學館大学佐川記念神道博物館、共編書、平成22年3月)
『訓読注釈 儀式践祚大嘗祭儀』(共著、思文閣出版、平成24年6月)

主な論文◆

「外宮三節祭由貴大御饌私注 ー「粢」考ー」(「皇學館大学神道研究所紀要」16、平成12年3月)
「斎宮歴史博物館所蔵「貞享四年大嘗会悠紀・主基廻立殿之惣図 出 御前催之図」」(「斎宮歴史博物館研究紀要」12、平成15年3月)
「鈴鹿家所蔵『貞享四年〔丁卯〕十一月十六日〔辛卯〕大嘗会悠紀殿御手水具〔并〕神膳等儲居案図』考証」(「皇學館大学神道研究所所報」66、平成16年3月)
「神道研究所所蔵山田以文校訂『貞観儀式』十巻」(「皇學館大学神道研究所所報」83、平成24年12月)

担当科目

祭祀学研究

 神道祭祀は、朝延の祭祀、神宮の祭祀、神社の祭祀に大きく分類されます。朝延祭祀、神宮祭祀、また、多くの神社祭祀の法源(歴史的根拠・由緒)は、神祇令条文、延喜式の神祇関係条文、儀式の神祇関係の儀に求められ、それらには古代の完成された祭祀形態が規定されています。
 本講義では、神祇令条文、延喜式の神祇関係条文、儀式の神祇関係儀の解読を基に、朝延、神宮の年中恒例祭祀と臨時祭祀の実態を復元・解説し、合わせて、祭祀担当官司である神祇官の機能と役割についても論じたい。

神道古典研究Ⅱ

 『日本書紀』巻1・2の「神代紀」を原文で講読します。

教授 岡田 登(おかだ のぼる)

専攻◆

日本考古学・日本古代史・神宮史

主な著書◆

『四日市市史』第2巻・3巻 史料篇・考古Ⅰ・Ⅱ(共著)昭和63年3月、平成4年3月 四日市市
『磯部町史』上・下巻(共著)平成9年9月 磯部町
『多度町史』資料編1 考古・古代史・中世(共著)平成14年3月 多度町
『倭姫命について』平成14年3月 伊勢神宮崇敬会
『伊勢市史』第6巻 考古編(共著)平成23年3月 伊勢市

主な論文◆

「奈良三彩小壷出土の多気町クツヌイ遺跡をめぐって-東大寺大仏造立と伊勢神宮-(『史料』165号・平成14年2月 皇學館大学史料編纂所)
「伊勢朝日郎の誅伐と宝塚古墳群」(『神道史研究』第53巻2号・平成17年10月 神道史学会)
「古代伊勢国と物部氏について」(『皇學館論叢』第42巻2号・平成21年4月 皇學館大学人文学会)
「皇大神宮(内宮)の創祀年代について」(『神宮と日本文化』平成24年4月皇學館大学)
「持統天皇の伊勢行幸と第一回式年遷宮」(『伊勢の神宮と式年遷宮』平成24年11月皇學館大学出版部)

担当科目

神宮史Ⅰ(Ⅱに継続する)

 伊勢の神宮は、わが国における神社神道の中心をなす神社の本宗と位置づけられ、伊勢に創祀されて以来、この地で祭られてきた。その創祀以来の歴史について正しく理解し、日本人の世界に誇る巡礼センターであったことの意味を多くの人々に伝えられるようにすることを目的とする。
 また本学が、明治15年に創立された時の趣旨に、「神宮に関する古伝を明らかにする」とあることの意味を明確にとらえることを目的とする。その目的のため、「神宮とは」「内・外両宮の創祀」「別宮と摂・末社」「神宮の祭祀」「斎王と斎宮寮」「離宮院」「神宮の神職」「神領(神郡・神戸・神田・御厨・御薗)」・「式年遷宮」・「神宮と仏教」・「伊勢信仰と御師」・「伊勢神道と神宮学者」・「豊宮崎文庫と林崎文庫」・「神宮文庫・神宮微古館と神苑会」・「神宮と皇學館」などの項目にわけて講義する。

神宮史Ⅱ(Ⅰに継続して講義)

教授 岡田 芳幸(おかだ よしゆき)

専攻◆

神道学、博物館学

主な書籍◆

『津軽藩斎藤家文書』(共著)
『伊勢参宮名所図会』(解題)
『博物館実習マニュアル』(共著)

主な論文◆

「吉川神道」
「車折神社考」
「神宮皇學館で行われた博物館活動」
「神社宝物類-保存と取り扱ひ-」

担当科目

神社管理運営論

教授 岡田 芳幸・講師 馬渕 直樹
 神社は全国に約8万社あり、その規模も様々で、また個々の神社の管理運営も多岐にわたっており、統一的な方法論を示す事は容易ではないので、本講義では、神社規則を踏まえ、役員会の運用の具体例等を採り上げながら、講義する予定。
 一方、神社の管理運営の中には、神社宝物類の保存や管理等も考える必要があり、神社で所蔵する文化財等の管理・保存の基礎的な方法につき概説する。

教授 河野 訓(かわの さとし)

専攻◆

宗教学、仏教学

主な著書◆

『観音経辞典』(共編著、平成7年11月、柏書房)
『逆引仏教語辞典』(共編、平成7年2月、柏書房)
シリーズ・東アジア仏教第1巻『東アジア仏教とは何か』(共著、平成7年4月、春秋社)
『漢梵法華経索引』(共編、平成15年2月、いんなぁとりっぷ社)
『初期漢訳仏典の研究』(平成18年3月、皇學館大学出版部)
『漢訳仏伝研究』(平成19年3月、同)
『中国の仏教 受容とその展開』(平成20年3月、同)
『新アジア仏教史06中国Ⅰ南北朝 仏教の東伝と受容』(共著、平成22年12月、佼成出版社)
『世界宗教百科事典』(共編著、平成24年12月、丸善)

主な論文◆

「中国に於ける縁起思想の受容」(『宗教研究』66巻2号)
「中国仏教における人の理解と「自然」」(『中国-社会と文化』第8号)
「漢訳仏典における「神」の研究」(『神道史研究』49巻1号)
「「中有」「神」漢訳考」(『東アジア仏教研究』創刊号)

担当科目

宗教学研究

 宗教学研究は宗教の客観的、科学的な研究を行うことを目的とした学問である。宗教を人間の生活現象の一局面としてとらえ、特定の一宗教ではなくて複数の宗教が資料として扱われる。
 この講義ではこのような立場で宗教を論じ、テキストにそって宗教学の全体像を提示する。
 初めに宗教の原初形態として宗教の起源を考え、次に有神的、無神的あるいは民族宗教、世界宗教など宗教の類型を学ぶ。さらに、宗教思想としての神の問題、人間の問題、宇宙論、来世観、空間論、時間論などについて学ぶ。生の宗教行動としての儀礼、修行などの宗教儀礼のほか、宗教集団、宗教体験、宗教の機能などについて学ぶ。

神社関係法規

 宗教法人法と神社の実務について学ぶ。
 昭和26年に施行された宗教法人法は、憲法の信教の自由と政教分離の原則を基本としている。何人にも自由な宗教活動が保障されているが、宗教法人はもとより宗教法人自身で、自主的、自律的に適切な運営をすることが求められている。神社も宗教法人法によって法律上の人格を付与されており、神社を管理する神職にあっては宗教法人法をよく知り、万全の体制で適切に法人運営を行わなければならない。
 多くの学生にとっては神社の法的な地位や管理・運営といったことは未知のことであろうと思われるから、現代における神社の法人としてのあり方を、神社本庁の諸規程や宗教法人法、その他の法令を通しても広く理解できるように、多くの事例を採り上げながら講義する予定である。

教授 菅野 覚明(かんの かくみょう)

専攻◆

倫理学・日本思想史

主な著書◆

『本居宣長―言葉と雅び』、ぺりかん社、平成3年
『神道の逆襲』、講談社現代新書、平成13年
『武士道の逆襲』、講談社現代新書、平成16年
『詩と国家―「かたち」としての言葉論』、勁草書房、平成17年
『武士道に学ぶ』、日本武道館、平成18年
『日本の元徳』、日本武道館、平成21年
『吉本隆明―詩人の叡智』、講談社、平成25年

主な論文◆

「近世中期の学問―徂徠・真淵・宣長」、岩波講座『日本文学史』9巻、平成8年12月
「国学の展開と仏教」、法蔵館『仏教と出会った日本』、平成10年8月
「『鬼神論』の前提」、『倫理学紀要』第12輯、平成16年3月
「神話的世界と菩薩」、『宗教研究』353号、平成19年9月
「感覚・風景・性格―上田秋成の「近代性」をめぐって」、『文学』10巻1号、平成21年1月
「「礼」の思想と経済活動」、『儒教文化研究』国際版第14輯
「武士の倫理と政治―中世の「道理」をめぐって」、ぺりかん社『日本思想史講座』第2巻、平成24年7月

担当科目

神道古典研究Ⅰ

 古事記を講読し、神道思想の原型、国家観などを考察する。

教授 白山 芳太郎(しらやま よしたろう)

専攻◆

神道神学

主な著書◆

『職原鈔の基礎的研究』昭和59年2月臨川書店
『北畠親房の研究』平成3年6月ぺりかん社
『日本神さま事典』平成17年9月8日大法輪閣
『鎌倉幕府と蒙古襲来』(海外視点・日本の歴史第6巻)昭和61年3月ぎょうせい
『仏教と出会った日本』1998年8月法蔵館、『王権と神祇』平成14年6月思文閣出版
『神道 日本人のこころのいとなみ』平成21年4月国書刊行会
『神道説の発生と伊勢神道』平成22年4月国書館刊行会

主な論文◆

「北畠親房の思想的基盤」昭和60年9月日本思想史学17
「北畠親房の神道観」昭和59年10月神道史研究32-4
「北畠親房の摂政関白観」昭和61年1月神道史研究34-1

担当科目

神道神学研究

 神道は、人が、また国家から町村や家にいたる共同体が、敬虔に、伝統的な方法で神々を祭ってきた営みである。そこにおのずから神学が発生する。その伝統的方法を探り、その正しい姿を確かめつつ神道の神学究明に接近する。

教授 張磊(チョウ・ライ)

専攻◆

知能情報

主な著書◆

『情報教養』Windows8.1版(平成25年)
『情報演習』(平成19年)
『情報科学概論』(平成18年)
『STEP UP! Windows!! ゼロからのパソコン講座』(平成12年)

担当科目

情報処理Ⅰ(基礎)

情報処理Ⅱ(応用)

モバイルコミュニケーション

高度情報処理とコミュニケーション

プレゼンテーション演習

教授 富永 健(とみなが たけし)

専攻◆

憲法学

主な著書◆

『憲法学の基本問題』平成18年10月 嵯峨野書院

主な論文◆

「現代日本における政教問題」(『日本学論叢』2.平成24年)
「靖国参拝訴訟をめぐる法的問題の一考察」(『皇學館大学神道研究所紀要』23.平成19年)

担当科目

神社関係法規

 本講義では、神社関係法規のうち、憲法、教育基本法および民法を扱う。宗教に関する法的問題は多岐にわたっているが、特に憲法の信教の自由と政教分離に関する問題が重要である。また、社会生活を営む上で、さまざまなトラブルを解決しあるいは予防するために法律に関する基礎的な知識は不可欠である。近年、宗教団体をめぐって種々の法律上の問題が生じている。こうした点を考慮して、後半では、民法の総則および不法行為に関する基礎的な事項を取り上げることにする。

教授 松本 丘(まつもと たかし)

専攻◆

神道史・神道思想史

主な著書◆

『尚仁親王と栗山潜鋒』平成16年 神道史学会
『垂加神道の人々と日本書紀』平成20年 弘文堂

主な論文◆

「近世に於ける祭政一致思想の展開」(阪本是丸編『国家神道再考』平成18年10月 弘文堂)

担当科目

神道教化研究

 神道の教化活動を体系的に学ぶ「神道教化学」は、実践神学の領域に含まれ、教化原論、教化史、教化方法論、教化誌等の分野に大別される。本授業ではそれらの概要を、具体的事例を踏まえながら論述し、神道教化の概念、目標、歴史、方法、制度、他宗教に比較しての普遍性と特殊性などを考察する。各分野における基本となる知識や技能を学び、今後の教化活動の在方を考える。地域社会の再生・少子高齢化・環境問題など現代社会における諸課題を通して、神社の役割や神職の使命について考える。また、社頭講話の講録・由緒書きの作成など実践的な課題に取り組む。

准教授 多田 實道(ただ じつどう)

専攻◆

日本中世史・神宮史・禅宗(曹洞宗)史

主な著書◆

『紀伊半島東部曹洞宗史研究』(山喜房佛書林、平成20年)
『伊勢市史』第二巻中世編(共著、平成23年)

主な論文◆

「伊勢大神宮寺について」(『龍谷史壇』第140号、平成27年1月)
「伊勢蓮台寺の創建と内宮本地説の成立」(『神道史研究』第63巻第1号、平成27年4月)
「伊勢神道と戒律」(『藝林』第63巻第1号、平成26年4月)
「戦国時代の神宮と仏教」(『印度学仏教学研究』第63巻第1号、平成26年12月)
「室町時代の神宮と仏教」(『印度学仏教学研究』第62巻第1号、平成25年12月)

担当科目

日本宗教史

 日本宗教史上において、仏教が果たした役割は大きく、仏教の歴史を理解する上で、専門用語の知識は欠かせない。しかしながら、例えば天台宗という用語は知っていても、その教義は何なのか。また、法然等は念仏を、日蓮は題目を勧めたが、なぜ唱えるだけで救われるのか。こうした疑問は、インド・中国の仏教史を概観すれば、その教義や理論を容易に理解することができる。そこで、まずはインド・中国仏教史について講義を行う。また、我が国の文化に多大な影響を及ぼした禅宗に関しても考察する。上記を通じて、我が国の仏教の歴史を教義・理論や文化の側面から理解することを目的とする。

助教 木村 徳宏(きむら のりひろ)

専攻◆

神道学(神道史・神道思想史・神道祭祀・神社祭式・祝詞作文・有職故実)

主な著書◆

『訓讀注釋 儀式 踐祚大嘗祭儀』平成24年 思文閣出版

主な論文◆

「荒木田守晨について-その生涯・学統を中心として-」(『神道史研究』51・3.4、平成15年10月)
「戸座とその起源に関する-考察」(『神道史研究』57・1、平成21年4月)
「出口延経著『内宮男體考證』-翻刻と解説-」(『神道史研究』57・2、平成21年10月)
「『文明一乱記』-翻刻と解説-」(『神道宗教』217、平成22年1月)
「荒木田久老著『辨男躰考證』-翻刻と解説-」(『神道史研究』58・1、平成22年4月)
「神宮祠官の学問(室町期の神宮学―神宮考証学の曙光―)」(『皇學館大学神道研究所紀要』29、平成25年3月)
「久志本常彰著『男體辨断』―翻刻と解説―」(『神道史研究』61・1、平成25年4月)
「神職の斎戒と食」(『伊勢国際宗教フォーラム第8回年次大会記録集』、平成27年10月)

担当科目

祝詞研究Ⅱ

 現代の祝詞は「延喜式祝詞」を規範とし、原則として表記は宣命書、文法と語彙は上代語に準じている。また、音読にふさわしい独特の修辞法が用いられ、厳粛な祭祀の場における荘重さも要求される。儀礼言語ともいえる祝詞の特徴はその保守性にあり、恒例の諸祭典では同一の祝詞が繰り返し奏上される。しかし、現代では時代の変化に伴い、神社内外で執り行われる諸祭儀も多様化し、氏子崇敬者の願意に応じた祝詞を作文する機会も多い。現代における神職の祝詞作文能力が問われるゆえんである。
 本科目ではこうした現状を踏まえ、まず、現代の祝詞を正確に読み、解釈できる能力を養う。次いで、祝詞で用いられる慣用・常套句的表現に習熟し、例文を参考にしつつ基本的な祝詞を実際に作文する。さらに、自ら作文した祝詞を料紙(奉書)に浄書することを通じ、祝詞作文の基礎を修得する。

有職故実

 本科目では「神社有職故実」を中心に、実物によって解説しながら、それぞれの由来と故実に関する専門的知識の習得を目指し、日本人が守り伝えてきた民族固有の信仰の根源である神道と日本文化に密接に関連する服飾と風俗について、国内外に理解させることのできる人材を育成することを目的とする。
 特に、神道を中心とした我が国固有の伝統的な風俗文化のうち、神社有職に関する専門的知識の習得、特に神社建築とその殿内の調度品に関する知識と故実、神職の装束に関する知識と正しい著装技能(衣紋)を身につける。

神職課程 授業科目および担当教員

神職階位(「明階」検定合格・「正階」授与)の取得には下の授業科目より、必修54単位および、選択2単位以上を修得することが必要です。

授業科目 担当者 種別 必修 選択
神道概論 講師 井後政晏 講義 4  
神道史研究 教授 白山芳太郎 講義 4  
神道神学研究 教授 白山芳太郎 講義 4  
神道古典研究I 教授 菅野覚明 演習 4  
神道古典研究II 教授 加茂正典 演習 4  
祭祀学研究 教授 加茂正典 講義 4  
祝詞研究I 講師  秦昌弘 演習 4  
祝詞研究II 助教 木村徳宏 演習 4  
祭式及び同行事作法 講師 三木通嗣 演習 4  
神道教化研究 教授 松本丘
准教授 板井正斉
講義 4  
神社関係法規 教授 富永健
教授 河野訓
講義 4  
神社管理運営論 教授 岡田芳幸
講師 馬渕直樹
講義 4  
情報処理I(基礎) 教授 張 磊 演習 1  
情報処理II(応用) 教授 張 磊 演習 1  
神宮史I 教授 岡田登 講義   2
神宮史II 教授 岡田登 講義   2
宗教学研究 教授 河野訓 講義   4
宗教史研究 教授 川又俊則 講義   4
日本宗教史 教授 多田實道 講義   2
仏教概説 講師 久間泰賢 講義   2
書道I 准教授 上小倉一志 実技 1  
書道II 准教授 上小倉一志 実技 1  
有職故実 助教 木村徳宏 講義 2  
雅楽 講師 飛騨大富 演習 1  
神務実習 助教 木村徳宏 実習 4  

(平成27年度参考)