Japan to the NEXT ”和の心”を学ぶ、ということ。

道徳心、誇り、伝統、文化、言語、技術、絆、思いやり・・・。
日本には、未来に、世界に伝えたい心があります。
その「和の心」をきちんと学び、再確認し、日本へ、世界へ、そして未来へと伝えていくことは、
今の私たちに与えられた重要なミッションかもしれません。
平成24年に創立130年再興50年を迎えた皇學館大学は、
この「和の心」をまさに受け継いできた大学です。
日本の伝統・文化・習慣などの本来の意味・由来を学び、
未来へとつながる知識とスキルを身につけます。
「日本人で良かった」と思える魅力を再発見し、語り継いでいく。
"和の心"を学んだ先にあるものは、未来を創造する大きな力です。


学長 ご挨拶


「日本とは何なのか」「日本人とは何なのか」
皆さんは考えたことがあるでしょうか。
皇學館大学では、日本の本質や精神の根底にある「神道」を中心に
日本の精神文化を究明し、実践し、継承し、
日本文化の発展や文明の進展に貢献できる人材の育成をめざしています。

本学が創設された明治15年は、
日本が近代国家をめざし、文明開化の名のもとに急速に西洋化が進められ、
西洋の価値観の前に、わが国の伝統文化、
精神などが軽視されていった時代でもありました。
このような風潮に対する反省から、
日本および日本人のアイデンティティーに迫る学問「皇学」を学ぶ本学が設立されました。

日本的なものへの関心が高まり、日本の本質を見直そうとする風潮。
それは、いまの時代にも感じませんか?

平成23年3月の東日本大震災を機に、
日本人の礼儀正しさ、他人を思いやる心が、
国内のみならず世界中であらためて認識されました。
また近代文明への危惧、功利的物質中心主義への反省が表明されました。
そういう時期だからこそ、ぜひ人間を学問の中心にすえ、
古典を学ぶことによって人格形成をめざす本学で、
日本人としての生き方、特性、感性、倫理、道徳を学んで欲しいと願うのです。

本学のカリキュラムは、「温故知新」の実現をめざしたもので、
日本の古典、歴史、伝統、文化を、わかりやすく、深く楽しく学び、
社会で活躍するために必要な実践的な能力を
身につける内容になっています。
日本について学び、発見した魅力を自信を持って
世界に発信できる人をめざして欲しいと思います。

建学の精神

 皇學館大学は、明治15年、神宮祭主久邇宮朝彦親王の令達によって、神宮の学問所である林崎文庫に開設された「皇學館」を直接の起源とし、伊勢の神宮における長い神道研究の伝統を継承しています。

 明治33年に神宮祭主の賀陽宮邦憲王からいただいた令旨には、『わが国の歴史に根差した道義と学問とを学び、実際の社会の中で実践して、文明の発展に貢献する』という、まさしく本学の建学の精神が記されています。以来130余年が経ちましたが、その根本精神は、現在も皇學館大学の中に脈々と受け継がれています。

 近年、教育学部や現代日本社会学部などを設置し、変化する日本社会と国際環境のありように対応しながらも、この本学の原点は揺らぎません。それはすなわち、この建学の精神のもと神道を根幹として、平和で豊かな、誇りにあふれた国家社会を築こうと努めてこられた祖先の歩みに敬意を払い、そこから生み出された独自性に富む思想・倫理・道徳・歴史・文化を継承し、その実現に努力することを目標として、教育と研究を推進していくことです。

総理大臣経験者が総長を歴任

総理大臣経験者が総長を歴任

施設紹介

アクセス

画像:アクセス方法

就職状況概要

就職率…98.4%(平成27年度卒業生就職希望者)

  • 教員(小・中・高)※講師含む
  • 幼稚園・保育園
  • 医療・福祉
  • 神社
  • 公務員(教員以外)
  • 企業・団体

文学部

文学部就職率グラフ

教育学部

教育学部就職率グラフ

現代日本社会学部

現代日本社会学部就職率グラフ

就職・資格についてもっと見る

スペシャルコンテンツ

  • 動 the now
  • ニッポンの先生 BOOK
  • 国史る。
  • 皇學館大学〜恋の行方〜
  • 日本を動かした6人
  • 日本史ウォーカー
  • 感動の手紙
  • Ise-Shima Meets!