神道研究所

専門研究から若手研究者の育成まで神道に関する多彩な学術活動を展開

沿革

昭和48年4月に文学部附属の研究所として設置され、同53年4月に大学の附置研究所として機構が拡大され、平成25年4月からは附置研究機関の改編により、研究開発推進センター神道研究所と改称、同年創設40周年を迎えました。

目的及び事業

神道は、日本の社会・文化の中で発生し、古くから受け継がれてきた日本民族固有の神信仰に根ざした精神の営みといえます。個別的な宗教ではなく、また偏狭なイデオロギーでもありません。それは豊かな歴史と伝統に育まれ、様々に結実・開花した日本文化の核をなしています。

今日の国際化時代において、日本の伝統的な文化への関心がたかまりつつあります。その核にある神道をグローバルな視点から再検討し、その本質を深く研究することは、国際化からの要請に応えるばかりではなく、新たな時代に向かって新しい文化を創造するための基礎を築くことに他なりません。

本学は伊勢の地における学問の伝統を継承して創設されて以来、神道の学問的研究を使命としてきました。本研究所は、この神道研究の一層の充実をめざし、内外の要請に応えるために創設されました。

これにより、神道に関する高度な研究活動・研究者の育成・研究成果の公表・内外の研究機関との学術交流をもって斯界の発展興隆に寄与することを目的とし、以下の事業を行っています。

  1. 神道に関する調査研究
    本学が神職養成機関として創立された歴史の流れを汲み、神道に関する高度な学術研究を行っています。その活動は「総合研究」と「部門別研究」に大別され、総合研究は皇室祭祀・神宮祭祀の2つ、部門別研究は神道思想、祭祀、神道史、宗教・民俗、文学・芸術の5つを掲げています。
  2. 研究成果の発表・刊行
  3. 研究会・講演会・シンポジウムなどの開催
  4. 内外の研究機関および研究者との交流、資料の収集
  5. 神道思想の普及・啓発

刊行物

  • 単行書
    『大嘗祭の研究』(皇學館大学出版部、昭和53年)、『続大嘗祭の研究』(皇學館大学出版部、平成元年)、『訓讀註釋 儀式 踐祚大嘗祭儀』(思文閣出版、平成24年)
  • 『神道書目叢刊』1~7
  • 『神道資料叢刊』1~15
  • 『皇學館大学研究開発推進センター神道研究所所報』(第86号で終刊)
  • 『皇學館大学研究開発推進センター神道研究所紀要』(第30輯で終刊)

公開学術講演会

学内外の研究者や神職を講師として招聘し、神道を中心とした日本文化・歴史を主題とする公開学術講演会を、教職員・学生・一般市民を対象に年1回開催しています。

公開学術シンポジウム

神道研究上における基本的かつ重要な論題、または最新の研究課題等を主題とし、研究の論点を整理し、研究の展望を開くシンポジウムを、教職員・学生・一般市民を対象に年1回開催しています。

利用案内

場所
佐川記念神道博物館内
図書・資料の閲覧
特に申し出があった場合に許可します。 閲覧時間は、月~土曜日(大学休業日は除く)の9時30分~12時30分、13時30分~16時30分(但し、土曜日は12時30分まで)
  • 資料・願書請求フォーム
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • Facebookページ
  • LINE@
  • キャンパスダイアリー
  • 学園報アーカイブ
  • 地(知)の拠点
  • 就職者Voice
  • 大学生テレビ局
  • 公開講座のご案内
  • 情報の公表
  • 教学振興会
  • 教員免許状更新講習
  • 階位検定講習会
  • アクセスマップ
  • 大学基準
  • IseShimaGUIDE
TOP